カウントダウンタイマー
アメブロ ツイッター フェイスブック インスタグラム

アメブロ
レコメンド
LOOK BOOK
STYLE DELIについて
軍地彩弓 STYLE DELIスーパーバイザー
Edit by STYLE DELI
会員登録500ポイント

メルマガ
入荷情報やお得な情報をいち早くお届けします
Twitter
Facebook
Instagram
Mobile Store
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

大人おしゃれレディースファッション | HOME > バッグ > 2WAYソフトスクエアボストンバッグ/A

2WAYソフトスクエアボストンバッグ/A

NEW!!

商品番号 232592

¥8,500円(税込)

85ポイント還元

F(フリーサイズ) ブラック
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

カラーバリエーション

2WAYソフトスクエアボストンバッグ/Aブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック着用イメージ ブラック
2WAYソフトスクエアボストンバッグ/A
拡大 Prev Next

【予約販売★近日中に発送】
商品が入荷次第の順次発送となります。 ※こちらの商品は単独でご注文ください。他の商品と一緒にご注文されますと、予約商品のお届け日に合わせての同梱発送となりますので、その分発送が遅くなります。そのため別個でのご注文をお薦めいたします。
また、稀に生産上のアクシデントによりお届けできない場合もございます事を、予めご了承お願いいたします。
※入荷時期は予定になりますので、生産状況により若干早まる/遅まることがございます。

商品説明

ソフトなフォルムが女性らしい。機能性を備えた、「見た目も中身も」優秀バッグ。
スクエア型をベースに、角を削って丸みを持たせた、カッチリ感と柔らかさの同居したデザインが日常使いにフィット。
合成皮革ですが安っぽさが無く、ショールームで見るお客様やスタイリストさん達も、「合皮に見えない…」と納得のオトナ仕様。 合成皮革製造の技術の進歩を感じる、品が良い質感のバッグです。

【サイズ感と収納力】
大き過ぎず・小さすぎず…お仕事にも普段にもお出掛けにも…使い勝手の良い大きさ感。
マチがしっかりとあるため、長財布やポーチ、折り畳み傘等の普段使いグッズはしっかり収納できます。 A4サイズ書類は、少しカーブしながらギリギリ収まる程度のサイズ感。 500mlペットボトルがタテに入る高さがあります。

【仕様・構造】
・取り外し可能なショルダーストラップ付き。穴を使って5段階の長さに調節できます。
・持ち手の長さも調節可能(バックル仕様)。
・大きくて便利な外側ポケット付き。
・内側にも、小物収納用ポケットあり(大きめ×2つ)。
・重たさ:普通 もちろん本革に比べると夢のように軽量ですが、このサイズの合成皮革バッグとしては普通です(約800g)。

※お知らせ※ 5段階調節ショルダーストラップは、穴にギボシ金具を押し込む方法で固定します。 肩に掛けている際に突然抜けたりしたいように、この穴は硬めに作られておりますが、グイと引っ張っていただければ抜けます。

【デザインについて】
・金具のお色:シルバー
・表面質感:凹凸型押し。光沢控えめのマットな質感。
・カッチリ〜キレイめカジュアルまでこなす、振り幅の広いシンプルデザイン。

【ご注意事項】
・素材の特性上、雨や汗等で濡れたときまた、強く擦られた場合、摩擦により色落ちし他の衣料品へ色が移ることがございます。ご注意ください。特に淡色の衣料との組み合わせはご注意ください。
・水、光、熱等によって表面変化、絞変化、表面粘着、変形、変色等の経年劣化が生じることがございます。
・濡れたままの放置はお避けください。

サイズタテヨコマチ持ち手ショルダー重さ重さ
F(フリーサイズ)約21約28/31.514約24~28約106~120約800
素材
合成皮革

ブラック

photo:Kosuke Nakashima (PEACE MONKEY)
hair&make-up:Yuki Murohashi (ROI)
styling:Sayoko Hamaguchi
model:Yumi Sakurai
direction:Aoi Saito

photo:Yusuke Ikuta (f-me)
hair&make-up:Yuko Hazama (f-me)
styling:Sayoko Hamaguchi
model:Yumi Sakurai
direction:Aoi Saito