ブラック

ブルーグリーン

【LUXE】コットンボイルバックボタンワンピース

商品番号 233212
150 ポイント還元
¥ ¥ 15,000 税込
ブラック
ブラック
  • F(フリーサイズ)
ブルーグリーン
ブルーグリーン
  • F(フリーサイズ)

この商品の再入荷予定:なし 在庫限りで終了となります。

【予約販売★近日中に発送】
カラーバリエーション

商品説明

素材の風合いで段違いに可愛い、
【Made in INDIA】ならではの夏ドレス


―いつものDELIより生地やデザインに凝った、ワンランク上のLUXEライン

“インド製だからこそ”の独特な質感が素敵な、リゾート感たっぷりのコットンロングドレス。肌にサラリと心地の良い軽やかな生地を2枚重ねて、それをたっぷりと使用したラグジュアリーな1枚です。
リゾートでのオシャレ着にはもちろん、日常使いでも浮かないシンプルなデザインもポイント。サンダルはもちろんスニーカー合わせも可愛く、夏に大活躍しそうです。
背面には黒蝶貝風質感のボタンを細かく並べて、後ろ姿の可愛いポイントに。どの角度から見ても素敵な、暑い日が楽しみになるドレスです。

【デザインについて】
この生地の良さを余すところなく引き出す、ボリュームのあるスカートが1番のポイント。それと対極するように、スッキリ仕上げの上半身でメリハリあるバランスを作ります。
通販ワンピとしては少々お値段がしますが、生地値が高いからといって要尺(ようじゃく:生地の使用量)をケチると、安くはなっても貧相または中途半端な印象になり、この素敵さが出ないのです!
丈感についても中途半端に短いのではなく、しっかりと長いのがこのワンピースにはオシャレ。
上半身の厚みやバストのボリュームにもよりますが、身長156cmあれば普通に着れる長さです。高身長な方は、くるぶし上までしっかりと見える丈感になります(※体型による個人差あり)。

◆こちらはアメリカンスリーブのように内側に入った肩ベルトのデザインです。腕の付け根の露出感が気になる方は、中にベアトップを重ね着するなどしてもOK。
〇適した下着は→ クリスクロス肩紐(※)形状のブラジャー、ストラップレスブラジャー、カップ付きチューブトップ、カップ付きベアトップ等
※ストラップを背中でXラインに交差させることができる形状のブラジャーです。

【透け感は】
生地自体にはある程度ありますが、2枚重ねで生地分量が多いため、着た時の透け感は気になりません。

【生地について】
国内では出せない、くったりとした風合いのコットン素材製品を作るのが抜群に上手いインド。これを日本で作ると『どこかパリッとした、きちんと感があるもの』になってしまい、リゾート感が出なくて“小ダサい”感じになりがちです。
インド製だからこそ出せる絶妙なこなれ感(=夏にピッタリ!)を、ぜひお楽しみください。
◆エアリーで軽い質感の生地。それを2枚重ねで作った贅沢な構造。
◆サラサラな肌触り。適度な柔らかさもあります。
◆自然なシワ加工が入った、ヌケ感のあるお素材(そのため、シワを気にすることなく着れて旅先でも便利!)
◆ご自宅で手洗いが可能(※他の衣類への色移り防止のため、単独でお手入れしてください)

【お薦めの羽織り】
カーディガン、Gジャン、デニムシャツ、カジュアル質感のコットンシャツ

【お色について】
◆ブラック:黒いTシャツを何度も洗ったような色加減に似ている、少し白みのある明るい(濃度薄めな)ブラック。
◆ブルーグリーン:ブルー味を帯びた、深みのあるグリーン。派手な感じではなく、少し褪せた感じの落ち着いたお色です。




サイズ着丈肩幅身幅ウエストヒップ裾幅
F(フリーサイズ)1302744.574-100140程度FREE
 
素材
綿 100%
(裏地)綿 100%
裏地伸縮性
有り無し
生産国
インド
洗濯表示

・素材の風合い、生地へのダメージ・型崩れ予防のためには、ドライクリーニングをおすすめいたします。
・具体的なお取り扱い方法・注意事項は、商品裏に縫い付けの品質表示タグをご覧ください。
・品質表示タグのお取り扱い方法以外のお手入れ方法は、お客様ご自身の責任のもとお願いいたします。

―Psize(155cm以下の低め身長さん)スタッフ着用イメージ

photo:Tomonori Kotobuki
hair&make-up:Yuko Hazama (f-me)
styling:Yasuko Ishizeki
model:Maimi Okuwa
direction:Aoi Saito

photo:Tomonori Kotobuki
hair&make-up:Yuko Hazama (f-me)
styling:Yasuko Ishizeki
model:Maimi Okuwa
direction:Aoi Saito