ブラック

ダークスキン

  • ブログボタントリガー
  • 再入荷アイコン

【Made in Japan】さらさらインナーロングペチコート

商品番号 232887
28 ポイント還元
¥ ¥ 2,800 税込
ブラック
ブラック
  • S-M
  • M-L
ダークスキン
ダークスキン
  • S-M
  • M-L

完売品の再入荷予定:現在調整中です。わかり次第こちらに表記いたします。
【予約販売★6月中旬~下旬】
カラーバリエーション

商品説明

プロデューサーこだわりのサラサラ生地(※)で作られた、ワンピースやスカートには欠かせないペチコート!下着の上にこれを重ねて洋服を着ることで、無い場合に比べて劇的に美しく着こなすことができ、体型カバーまでもが叶います。
これまでは『ペチコート=おば様の穿くもの?』と縁遠かった人も、コレをきっかけにその素晴らしさに開眼する方続出。
生地の生産中止から幻のアイテムと化し、「ぜひ復活を!」とリクエスト殺到のアイテムが新しい生地で再登場です。
~こちらは長め丈感のスカートに適した、丈の長いモデルです。通常丈感バージョンもございます~

【ペチコートが必須の理由】
◆生地が身体にまとわり付くのを防止=直立状態ではわからなくても、歩いている時やかがんだ時、後ろに振り向いた時など…生地は身体に張り付き、下腹や股のY字、太ももやヒップの形などを露わ(あらわ)にします。
特に、前や後ろから風が吹いている時は要注意!そんな恥ずかしい状態を回避するためにマストなアイテムです。
◆着痩せを叶える=ペチコートを穿くことにより、身体と洋服の間には隙間が生まれ、多少の出っ張りを無かったことにします。これにより下腹ポッコリやヒップ・腰回りの肉感の響き…などが気になる服も、美しいシルエットで着用することができます。
◆ラインを整える=ペチコートを入れることで、洋服の生地は真っ直ぐ下に落ちることができます。身体のラインに生地が持っていかれず、デザインそのままのシルエットが出しやすくなります。
◆透け防止=下着の透けや、下着のラインが外側に響くのを防止します。
※スタイルデリのモデル撮影でも、ペチコートはほとんどのワンピースで着用します(=そのくらい、お洋服をキレイに着るためには必須のアイテムです)。

【※こだわりのサラサラ生地※】
通常のインナーは光沢感のあるペラッとした生地で作られることが多いですが、STYLE DELIのこだわりは極上のサラサラ生地!
夏は汗ばむ肌にも張り付かず、肌離れの良い快適さを。冬はタイツにベタッとはり付くことなく、快適な脚さばきと美シルエットを。既存のインナーには足りなかったこの点をクリアする生地を追及し、行き着いた質感の生地です。

【こだわりの厚み感】
インナーとしてはやや厚手な生地ですが、コレもこだわりのポイント!この厚地加減があらゆる動作…かがむ、振り返る、風に吹かれる…などしても下着や肉の段を響かせることなく、身体のラインをカバーして美しく洋服を着こなすベースを作ります。
着痩せシルエットを作るためには、この厚みが欠かせません。

【お色について】
透け感のある生地や薄い色のワンピース&スカートに適した『ダークスキン』と、チラッと見えても恥ずかしくない定番の『ブラック』の2色展開。この2色を持つことであらゆるワンピース&スカートに対応できるので、両色持ちがお薦めです。
ブラック:光沢感の無い普通のブラックです。
ダークスキン:インナー用ベージュの中では少し暗めな、透けに強いダークベージュ。赤味とイエロー味がバランス良く共存した、インナーに適したお色です。光沢感は無し。

【サイズについて】
丈感は膝小僧が完全に隠れる膝下丈。ミモレ丈以上のロングスカート・ワンピース全般に適しています。
S~Mサイズは、細身な方、Sサイズの方、Sサイズ寄りのMサイズの方に。MサイズでもLサイズ寄りの方や、下腹やヒップ周りの肉付きボリュームが気になる方、ウエストの食い込みがキツくなりがちな方はM~Lサイズがお薦めです。
ごく普通体型の方は、通常S~Mサイズで問題なく着用できます。
※ペチコートは通常、ジャストウエストではなくやや下腹位置で着用するものです。

【お洗濯について】
風合いを長く保つためには、小さめの洗濯ネットにたたみ入れ、デリケート洗剤でデリケート洗いをするのがお薦めです。

サイズ着丈ウエストヒップ裾幅
S-M6460-106程度95-110程度95-110程度
M-L6464-110程度99-114程度99-114程度
 
素材
ポリエステル 100%
裏地伸縮性
無し有り
洗濯表示

・素材の風合い、生地へのダメージ・型崩れ予防のためには、ドライクリーニングをおすすめいたします。
・具体的なお取り扱い方法・注意事項は、商品裏に縫い付けの品質表示タグをご覧ください。
・品質表示タグのお取り扱い方法以外のお手入れ方法は、お客様ご自身の責任のもとお願いいたします。